• コラゲーム【アナログゲームのすゝめ】

    コラゲーム【アナログゲームのすゝめ】

    2014年10月4日タカラバコ活動報告

    2014-10-04

    文・ゲームはかせ

    今日は午前中タカラバコのイベントをしてきました。

    第1土曜日の今日は西南部公民館です。

    学校や塾の教室、そろばん・スイミング・野球・サッカーのクラブチームなどで子どもたちを指導している指導者の方々は分かると思いますが、子どもたちの中には「質問できる子」と「質問できない子」がいます。

    モジモジして質問できない子をうまく導くのも指導者の腕ですが、もう1つの方は軽視されることが少なくないようです。もう1つの方とは、「自分の頭で考えず、何でもかんでも質問する子」のことです。

    腕のない指導者は子どもたちの全ての質問に丁寧に答えますが、それが子どもたちのためになっているかどうかというところにまで考えが及ばないのかもしれません。

    結論から言います。ゲームはかせは、今日のタカラバコの間(約35分間)に出てきた全ての子どもたちからの質問に一切答えませんでした。それでも(それだからこそ?)子どもたちはチームで協力し、ナゾの隅々まで見直して出題者の意図をくみ取り、最後には見事にタカラバコを開けて宝物をゲットしました。「今日は大変だったから宝物2個ください!」と言ってきた子がいましたが却下しました。たくましいです。

    ゲームはかせが今日1番感心したのは、子どもたちがこのタカラバコに取り組む上でとても大切なことに自ら気づいたことです。子どもたちが今日気づいたこととは・・・

    『全てのナゾを解かなくてもタカラバコを開けることができる(こともある)』

    ということです。

    ***

    最初に戻って、モジモジして質問できない子は論外として、質問の中には「いい質問」と「悪い質問」があります。そして、不真面目な子は論外として、真面目さの中にも「いい方向の真面目さ」と「悪い方向の真面目さ」があります。

    このタカラバコを通して、子どもたちが

    ■考えることに対して意欲的に
    ■協力することの素晴らしさを実感し
    ■物事の本質に迫る力をつけて
    ■ときには裏の裏をかく(かこうとする)ことも体験しながら

    成長していってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

     

    image5

    image4

     

    ゲームイベントサークル タカラバコ

     

    ゲームイベントサークル「タカラバコ」は、金沢市近郊に出張もいたします。地域の行事・子ども会のイベント・スポーツ少年団や各種習い事のお楽しみ会で知的に楽しく遊びませんか。詳しくは右のリンクからお願いします。(http://c-kanazawa.com/2013/10/11/2117.html)お問い合わせ・お申し込みは同じく下のフォームから。お電話は076(281)6277中島塾内。

    お名前 (必須)
    メールアドレス (必須)
    題名 (必須)
    メッセージ本文
    画像認証
    captcha



    ↑画像に表示されている文字を半角英数字で入力してください。
    大文字・小文字も区別して入力してください。

    t03-rgb-01(web家庭用印刷向け)コラ金サイト用ミニ

     

    最新の人気エントリー


    関連するエントリー

    Copyright(c) 2010 collabo KANAZAWA All Rights Reserved.