• 教育コラボ【教育に関する情報】

    高校入試説明会2014【小松大谷高校】

    2013-09-20

    小松大谷高校
    〒923-0313 小松市津倉町チ1

    TEL 0761(44)2551
    小松大谷高校ホームページ

    *****

    【主なトピック(進む学校改革)】
    小松大谷高校は校舎を新しくしただけでなく、学習面でも大きな成果を上げています。この10年間での変化を見ると、
    ■難関私大合格者数(3年間累計)3名→19名
    ■国公立大学合格者数(3年間累計)7名→16名
    ■四年制大学合格者数(3年間累計)131名→283名
    また、公務員試験をはじめとする就職にも力を入れており、今年度の就職率は100%でした。

    【優遇措置】
    ■専願→+10点
    ■3年間皆出席→+5点
    ■保護者・兄姉が小松大谷高校卒業生または在学生→+5点
    ■一芸に秀で、また人として優れた点がある場合(英検・漢検など)→+5点
    ※最大で+25点受け取ることができますが、全ては専願受験であることが前提です。

    【学科・コース編成】
    ■普通科・特進コース(2クラス)→ 金沢大学などの国公立大学や、難関私立大学を目指す。
    ■普通科・進学コース→国公立大学、中堅私立大学を目指す。
    ■普通科・教養ビジネスコース→就職志望者、進路未定者の進路指導をする。
    ■体育科→運動の理解と実践を通して心身を育てる。

    【スライド合格】
    普通科・一般入試の特進コース志望の合格者で、特進コースの学力基準に満たない場合、進学コースの合格となることがあります。

    【一般入試に必要な教科】
    ■国語、英語、数学または社会(合計3教科)。英語はリスニングを含む。
    ※ただし、特進コースと進学コース出願者は、国語、英語、数学の3教科。
    ■面接、適性テスト(体育科のみ)、書類審査

    【学業奨学生】※特進推薦・進学推薦入学者対象
    ■特Aランク→入学金・施設設備費支給。授業料、施設維持費の納入なし。さらに10,000円の奨学金を支給。また、所得割額の条件や授業料減免補助対象世帯は毎月18,050円~26,100円の奨学金を支給。さらに、入学時に入学金・施設設備費30,000円支給。
    ■Aランク→授業料、施設維持費の納入なし。また、所得割額の条件や授業料減免補助対象世帯は毎月8,050円~16,100円の奨学金を支給。
    ■Bランク→授業料3,100円、施設維持費2,000円納入。また、所得割額の条件や授業料減免補助対象世帯は、授業料・施設維持費の納入なしで毎月2,950円~11,000円の奨学金を支給。

    【試験日時】
    ■推薦入試→2014年1月10日(金)
    ■一般入試→2014年1月31日(金)
    ■特進推薦・進学推薦合格者の学力試験(5教科)→1月31日(金)

    【出願期間】
    ■推薦入試→2014年1月7日(火)~1月8日(水)
    ■一般入試→2014年1月20日(月)~1月24日(金)

    中島塾 塾長 中島 雄一

    最新の人気エントリー


    関連するエントリー

    Copyright(c) 2010 collabo KANAZAWA All Rights Reserved.